The Beauty[ザ・ビューティー]

The Beauty (ザ・ビューティー) 
タイムレスな美の世界を追求するという、その名もThe Beauty。今年5月にCrue-Lよりリリースされたデヴュー・アルバム"Love In The Heart of The World Shout"は、ElectroやChill Wave以降のNew Indieの決定版とも言うべき世界レベルのプレゼンスと衝撃度を持っていると各所で話題沸騰中。
 ゴシック/シューゲイズ/バレアリック/ダーク・ウェイヴ/リバーブ・エレクトロ/ナード・ファンク/レフトフィールド・インディー・ダンス/ポラロイド・ポップ等のシンセサイザー・ユーフォリアに、イメージとしてのモード感とドリーミーな音響工作をレイヤー&ハイブリッドしたサウンドは、重層的な世界観のレイヤーと自意識の反映具合が極めて2010年代以降のものとして響く。清冽でクリーンなイメージと80年代の4AD直系のゴシック・フィーリングの並列が極めて自然に行われた、エスケイプ感覚と現実受容のバランスのポジショニングとスケール感が秀逸。2012年のコンテンポラリーなエレクトロ・ポップ・サウンド。ライブはBand Setで行う。デビュー・ライブはFuji Rock Festival'12。
日本の新しいシーンの一翼を担うCuz Me Painの一員でもあるThe Beautyは、Yuji Odaのソロ・プロジェクトとして2011年秋にLuger E-Go aka Kenji Takimi Remixを含む12inch Single"Tribute To The Horror"でデヴュー。世界的に有名なNYのOnline Radio Station、Beats In SpaceでTim Sweeneyに絶賛され、その他Rub'n Tug, Eddie C, Mike Simonettiなどにもプレイされた。
DISCOGRAPHY
"Love In The Heart of The World Shout"

01.Ghostwriter
02.Breathing Memories
03.Put Galaxies
04.The Transient
05.Heartline
06.Fifth Regret
07.Sun Falls
08.Hold On
09.Ptites Gueulantes
10.Changes
11.Beyond The Rainbow
12.The Sorrow of Parting
13.Love In The Heart of The World Shout
14.Proserpina's

2012.05.25. Release
KYTHMAK141DA
14Tracks CD Album
¥2310(Tax in)
¥2200(Tax off)


タイムレスな美の世界を追求するという、その名もThe Beautyのデヴュー・アルバム"Love In The Heart of The World Shout"が、ElectroやChill Wave以降のNew Indieの決定版とも言うべき世界レベルのプレゼンスと衝撃度を持ってここに完成。
 ゴシック/シューゲイズ/バレアリック/ダーク・ウェイヴ/リバーブ・エレクトロ/ナード・ファンク/レフトフィールド・インディー・ダンス/ポラロイド・ポップ等のシンセサイザー・ユーフォリアに、イメージとしてのモード感とドリーミーな音響工作をレイヤー&ハイブリッドしたサウンドは、重層的な世界観のレイヤーと自意識の反映具合が極めて2010年代以降のものとして響く。清冽でクリーンなイメージと80年代の4AD直系のゴシック・フィーリングの並列が極めて自然に行われた、エスケイプ感覚と現実受容のバランスのポジショニングとスケール感が秀逸。2012年のコンテンポラリーなエレクトロ・ポップ・サウンド。
 日本の新しいシーンの一翼を担うCuz Me Painの一員でもあるThe Beautyは、2011年秋にLuger E-Go aka Kenji Takimi Remixを含む12inch Single"Tribute To The Horror"でデヴュー、世界的に有名なNYのOnline Radio Station、Beats In SpaceでTim Sweeneyに絶賛され、その他Rub'n Tug, Eddie C, Mike Simonettiなどにもプレイされた。
 ジャケットのアートワーク(写真含む)はRip Slymeやm-flo、DJ kyoko他、John Lawrence SullivanやJuvenile Hall Rollcallの作品も手がけるYoshirotten Nishiによる3面デジパック仕様。

"Tribute To The Horror EP" includes Luger E-Go Experience

Side A 45RPM
1.Tribute To The Horror(Luger E-Go Experience)
Remix and Additional Productions by Kenji Takimi

Side AA 33RPM
1.Tribute To The Horror
2.Fifth Regret
3.Stay The Word
Produce and All Instrumental by Yuji Oda

KYTHMAK136
4Tracks Limited 12"Vinyl


バレアリックとチル・ウェイヴの本質を無意識に体得している、2010年代に現れるべ くして現れたヤング&フレッシュな才能とタレントに溢れた新人、The Beauty(Yuji Odaによるソロ・ユニット)のデビュー12inchが遂にリリース。
Washed Out とLindstromの合体ユニットが4ADから”ダークナイト”のサントラをリリースしたか の様な、その名も"Tribute To The Horror"なタイトル曲、肯定的なネオ・バレアリッ ク/ソフト・ロック・フィーリングに溢れた多幸感哀愁スロー”Fifth Regret”、疾 走するブレイクビーツにクリアーな彩度と色相のレイヤーがブリージンに交錯す る"Stay The Word"まで、どの曲にも荒削りながらもソングライティングと構成力が 感じられ、ファンタジーとリアリズムの今日的バランス感覚が出色。正に新たなWave を感じる才能の出現と言えよう。
そしてSide Aには最近ではBorisやCut CopyのRemixも手がけたKenji Takimiによ るRemix、Luger E-Go Experienceを収録。
ゴシック・ユーフォリック・バレアリック とも言うべきフロア・フレンドリーな循環構造を持つVersionに仕上げている。
更に このSide Aのみ45RPMのダイレクト・カッティングで、33RPMでプレイするとストーン ド・スローモーな完全な"K"サウンドに変貌するというVinylならではのダブル・プレ ジャー仕様。
NEWS
2012.07.27.FRI
Fuji Rock Festival '12に出演

fuji Rock
 
                                                            Copyright 2012 Crue-l Records All right reserved